三味線とは

w1
三味線という楽器は16世紀、琉球を経て日本に渡来しました。
始めは弾き方が判らず、琵琶法師の演奏をヒントに三本の弦を撥で叩く奏法が考案されました。

w3

その後三味線は、その奏法や構成資材など、
我が国で独自の発展を遂げ、瞬く間に、歌舞伎のバックミュージックとして欠かせない楽器となりました。

w4

そして日本を代表するエンターテイメント楽器としてその地位を確立しました。